映画「ハルカの陶」製作発表会が開催されました

備前焼をテーマにした映画「ハルカの陶」の製作発表会が8月9日に備前焼ミュージアム(備前市伊部)で行われ、主役を演じる女優の奈緒さんと備前焼作家役となる俳優の平山浩行さんと監督の末次成人さんが来備され、終始和やかな雰囲気で会見が開かれました。
映画は今年10月中旬から備前市を中心に全ロケが岡山県で行われ、来年全国や海外での上映が予定されています。「備前焼」を全国、海外に向けて発信を行い、備前焼の振興と地域の活性化につなげていくことを目的としています。
備前商工会議所は備前焼映画製作推進委員会の委員になっており、この映画の製作に全面的に協力を行っていきます。

主役を演じる奈緒さん 原作本を持った奈緒さんと平山さん

 

多くのメディア、地元関係者のもと発表  原作コミック(全3巻)

 

 地元小学生から備前焼を贈呈 キャストと映画製作推進委員

 

奈緒さんは福岡県出身で、現在放映中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」やドラマ「サバイバル・ウェディング」に出演中で、演技派女優として今後の活躍が期待される若手女優です。
平山浩行さんは岐阜県出身で、これまで幅広い役柄でドラマや映画に出演。主な出演作には、映画「BRAVE HEARTS 海猿」、ドラマ「隣の家族は青く見える」など多数。
今日の発表会には欠席でしたが、笹野高史さんが人間国宝の作家役を演じます。笹野さんは兵庫県出身で、「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」「おくりびと」など多数の映画、ドラマに出演。第30回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞も受賞された存在感のある俳優です。

奈緒さんは今回岡山県に来るのが初めてで陶芸も経験がなくすべてが初めてだそうです。平山さんは趣味で陶芸をされており、備前焼も何点か持たれているそうです。ちょうどお二人とも役柄に合っており、これからの撮影での演技が大変楽しみです。

<映画概要>

題名:「ハルカの陶(すえ)」
原作:「ハルカの陶」ディスク・ふらい 作画:西崎泰正(芳文社)

メインキャスト:小山はるか役:奈緒、若竹修役:平山浩行、榊陶人役:笹野高史
スタッフ:監督/脚本:末次成人、プロデューサー:小田宮貴男、撮影監督:Yohei Tateishi、音楽:佐藤礼央

公開:2019年予定
クランクイン:2018年10月中旬
ロケ地:備前市・岡山県内(すべて岡山県でロケ)
放映予定:日本・海外
製作:備前焼映画製作委員会
特別協力:備前焼映画製作推進委員会
(備前商工会議所、備前観光協会、備前焼陶友会、備前東商工会、伊部自治会協議会、備前市)
後援:備前市/岡山県

 

<あらすじ>

東京で日々を無為に過ごしていたOLの小山はるか(25歳/奈緒)はある日、偶然訪れたデパートの陶芸展で備前焼の大皿に一目惚れし、備前焼作家の若竹修(41歳/平山浩行)に会うため備前焼の町、岡山県備前市伊部を訪れる。
弟子入りを願うはるかをぞんざいな態度で追い返す修に対し、「備前焼をつくるのは土、火、そして人じゃ」と諭す榊陶人(68歳/笹野高史)。

弟子見習いとして修の元で修行することになったはるかは備前の人々のものづくりに向き合う姿や、広大な美しい自然に触れることで、自分と向き合うことを深く考え始める。そんなはるかの姿を見て修もまた、次第に心を開き始めるのであった。

岡山県オールロケを敢行、備前焼まつりや窯焚きの迫力を映像を織り交ぜながら備前市伊部で繰り広げられる様々な人間ドラマを通じて「備前焼の魅力」を描き、国内はもちろん、海外へも発信を行う。

 

イベント

財務分析セミナーのご案内

消費税率引き上げに備えて、財務分析で経営力強化

平成31年10月1日から消費税率8%から10%に引き上げられると同時に消費税軽減税率制度が導入されます。

先行き不透明な経済情勢が続く中、企業が順調に業績を伸ばし発展して行く為には、経営者のみならず社員一人一人が常に利益等経営感覚を持って行動する必要があります。現在のビジネスマンにとって、財務諸表の基本的な知識は必要不可欠なものです。

本セミナーでは、軽減税率対策とポイント及び資金の運用と調達を表す貸借対照表と営業活動を表す損益計算書を正しく理解するための基礎知識等、財務諸表の見方から財務分析についてわかりやすく解説いたします。

【日  程】平成30年10月5日(金)  13時30分~15時30分

【場  所】備前商工会館4階 研修室

【講  師】税理士法人ダック島原事務所 所長 島原 実 氏

【内  容】

1.消費税軽減税率制度の内容(対応策、レジ補助金など)

2.決算書の見方(金融機関はココを見る)

3.財務分析で経営力強化(財務諸表の分析は難しくない)

【定  員】30名(先着順)

※チラシ・申込書のダウンロードはこちら

【受  講  料】無 料

【問い合せ】

備前商工会議所

電 話0869-64-2885

FAX0869-63-1200

E-mail:info@bizencci.or.jp

セミナー

日商簿記3級を目指す講習会

簿記は経理事務や財務諸表を読む力、基礎的な経営管理のためにも重要なスキルです。

本講習会では簿記について初心者の方を対象に、実務で活かせる基礎知識の習得から検定試験(日商簿記3級)対策までを行います。この機会にぜひ受講ください!

 

【日 程】 平成30年10月2日(火)~11月8日(木)までの毎週火曜日、木曜日 全12回

《10月》2日(火)、4日(木)、9日(火)、11日(木)、16日(火)、18日(木)、23日(火)、25日(木)、30日(火)

《11月》1日(木)、6日(火)、8日(木)

※時間はいずれも18時~20時

【場 所】 備前商工会館3Fセミナー室

【内 容】 商業簿記の基礎的な原理および記帳、決算に関する初歩的な実務を学んだ後、日商簿記3級合格対策講義を行います。

【講 師】 税理士 森末 英敬 氏

【受講料】 10,000円(テキスト代含む、返金不可)※初回にご持参ください

【定 員】 30名(定員になり次第締切)

9月14日(金)までに申込書でFAX、E-mail、電話にてお申込みください。

※チラシ・申込書のダウンロードはこちら

【その他】 日本商工会議所簿記検定試験は平成30年11月18日(日)です。

【問合せ】

備前商工会議所

電 話0869-64-2885

FAX0869-63-1200

E-mail:info@bizencci.or.jp

セミナー

職場の整理整頓”かたづけ”力で業績回復! 業務効率化セミナーのご案内 

職場の整理・整頓“かたづけ”力が業績アップにつながると、テレビ・雑誌等で大々的に紹介され、中小企業の業績回復の切り札として注目を集めています。日々の仕事の中で、整理されていない書類、山積みになった部品、必要な時に必要なものを探すために、多大な労力を費やしてはいないでしょうか?そういった無駄なコストを削減するため、会社の“かたづけ”をシステム化し、整理・整頓を社員に意識づけることが、会社再生の原動力をなっていくはずです!

 

【日 程】 平成30年9月11日(火)13時30分~15時30分

【場 所】 備前商工会館4F大ホール

【講 師】 スッキリ・ラボ代表 かたづけ士 小松 易 氏

【受講料】 無 料

【定 員】 約50名(定員になり次第締切)

【申 込】 8月24日(金)までに申込書でFAX、E-mail、電話にてお申込みください。

※チラシ・申込書のダウンロードはこちら

【問合せ】

備前商工会議所

電 話0869-64-2885

FAX0869-63-1200

E-mail:info@bizencci.or.jp

セミナー

ビジネス英会話初級教室のご案内

基本的なビジネス会話がネガティブな講師から学べます。初歩的な英会話が身についていれば様々なビジネス場面で外国人との会話や観光客などの対応にも活かせます。さあ、チャンスです!チャレンジしてみませんか?

 

【日 程】 平成30年9月4日(火)、11日(火)、18日(火)、25(火) 全4回

※時間はいずれも17時30分~19時

【場 所】 備前商工会館3Fセミナー室

【講 師】 Wilson Ryan 氏(米国・ネバダ州出身)

2006年より日本在住。日本人の妻をもち、備前市内で2人の子どもを育てている

【受講料】 5,000円(初回にご持参ください)

【定 員】 約10名(定員になり次第締切)

【申 込】 8月20日(月)までに申込書でFAX、E-mail、電話にてお申込みください。

※チラシ・申込書のダウンロードはこちら

【問合せ】

備前商工会議所

電 話0869-64-2885

FAX0869-63-1200

E-mail:info@bizencci.or.jp

セミナー

平成29年度補正 ものづくり補助金二次公募のご案内

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の二次公募が本日より開始されました。

足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の一部を支援します。

公募期間

・受付開始:平成30年 8月 3日(金)
・締  切:平成30年 9月10日(月)〔当日消印有効〕
※応募申請は岡山県中小企業団体中央会へ応募申請書類をご郵送いただくか、中小企業庁が開設した支援ポータルサイト「ミラサポ」による電子申請(平成30年8月下旬開始予定)にてお願いいたします。

公募要領等

公募要領等は岡山県中小企業団体中央会のホームページに掲載しています。

※「平成30年7月豪雨」により被災された事業者の方、ならびに間接的な被害がある事業者の方は、罹災証明書の写し等必要書類の提出により、被災後の財務状況によって審査上の不利を受けないように配慮し、優先採択されます。

(1)事業類型毎の概要

事業類型 事業概要 補助上限額 補助率 備考
企業間データ活用型 複数の中小企業・小規模事業者が事業者間でデータ・情報を共有し、連携体全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクトを支援。 1,000万円

※連携体は監事企業を含め10者まで。1者あたり、200万円が追加され、連携体参加者数を乗じて算出した額を上限に連携体内で配分可能。

○2/3以内 生産性向上に資する「専門家」を活用する場合、補助上限額30万円アップ

※ただし、「専門家」は、応募申請時に確認書を発行した認定支援機関、事業計画書の作成を支援した者は含まれない

一般型 中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。 1,000万円 ○1/2以内

○以下※の条件を満たす場合

2/3以内

小規模型 中小企業・小規模事業者が行う小規模な革新的サービス開発・生産プロセスの改善/試作品開発を支援。 500万円 ○小規模事業者

2/3以内

○その他

1/2以内

※ (ⅰ)生産性向上特別措置法(平成30年法律第25号)に基づき、固定資産税ゼロの特例を措置した自治体において、補助事業を実施する事業者が「先端設備等導入計画」の認定を取得した場合は、補助率2/3以内となる。

(ⅱ)中小企業等経営強化法に基づく経営革新計画を平成29年12月22日以降に、新たに申請し、承認を受けた場合の補助率は2/3以内となる。

(2)審査における加点項目

①生産性向上特別措置法(平成30年法律第25号)に基づいた、固定資産税ゼロの特例を措置した自治体において、当該特例措置の対象となる先端設備等導入計画の認定企業

②有効な期間の経営革新計画の承認(申請中を含む)、又は経営力向上計画の認定(申請中を含む)、又は地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画の承認(申請中を含む)のいずれかを取得した企業

③総賃金の1%賃上げ等に取り組む企業

④小規模型に応募する小規模企業者

⑤「平成30年7月豪雨」により、直接または間接的な被害を受けた岡山県、広島県、愛媛県に所在する企業、ならびに直接被害を受けた岐阜県、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、山口県、高知県、福岡県に所在する企業(「平成30年7月豪雨における被害状況証明書」および、直接被害の場合は罹災証明書の写し等の提出が必要)

・認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者を支援します。備前商工会議所も認定支援機関です。
・公募に関するご質問については、備前商工会議所までお尋ねください。
(TEL0869-64-2885)

補助金

平成30年7月豪雨災害の中国経済産業局による支援対応について

中国経済産業局では、平成30年7月豪雨災害の被災事業者の皆様への対応として、地区ごとの担当者を決め、商工会議所と連携して相談・支援対応に応じられます。

被災された事業者の皆様へ(中国経済産業局)

平成30年7月豪雨関連情報(中国経済産業局)

お知らせ

閑谷にクラシック音楽が響く!音楽体感プログラム8/19開催

(公財)特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会では8月19日(日)に世界で活躍する音楽家を招き、地元青少年・音楽愛好家を対象とした「音楽ワークショップ」、一般を対象とした「スペシャルコンサート」を開催します。

詳細はこちらのチラシをご覧ください。

 

【お問合せ先】

(公財)特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会

〒705-0036

岡山県備前市閑谷784

電話:0869-67-9900

Mail:info@shizutani.jp

イベント

旧閑谷学校文化講演会のご案内

(公財)特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会では以下のとおり文化講演会を開催します。ぜひご参加ください。

 

【開催日】 平成30年7月28日(土) 13:30~15:00

【場 所】 岡山県青少年教育センター閑谷学校

【講 師】 元津山洋学資料館館長 下山 純正 氏

【演 題】 「津山の誇る洋学のはなし」

【定 員】 100名(先着順)

【参加料】 無料(史跡へ入場する場合は入場料が必要)

【申込方法】 イベント名、参加者氏名、住所、電話番号を明記の上、申込先へFAXまたは、ハガキもしくは、ホームページから申込。

【申込先】

〒705-0036 岡山県備前市閑谷784

公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会 史跡管理事務所

TEL・FAX:0869-67-1436

Mail:hozonkai@shizutani.jp

セミナー

平成30年7月豪雨災害義援金箱の設置について

先般の平成30年台風7号及び前線等に伴う大雨災害により、西日本を中心に岡山県にも甚大な被害が発生いたしました。被災された皆さまには謹んでお見舞い申しあげます。

この平成30年7月豪雨災害で被災された方を支援するため、平成30年8月末までの期間、当所窓口へ義援金箱を設置いたします。皆さまからのあたたかいご支援をお願い申しあげます。

なお、お寄せいただいた義援金は当所が責任を持って、しかるべき機関を通じて全額を被災された皆さまにお届けいたします。

お知らせ

« 古い記事