新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金の創設について

今般の新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により影響を受ける労働者を支援するため、労働者を有給で休ませる事業所に対する助成制度として新たに創設された「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」の詳細案が、3月9日に厚生労働省より公開されました。

なお、現時点では申請日・申請先等が未定となっておりますので、今後追加で情報の公表があり次第掲載いたします。

 

【対象事業主】

次の(1)または(2)の子どもの世話を保護者として行う事が必要となった労働者に対し、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた事業主

(1)新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業等をした小学校等に通う子ども

(2)新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、

   小学校等に通う子ども

 

【助成内容】

 令和2年2月27日から3月31日において、

 有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額×10/10

※支給上限額は1日1人あたり8,330円。(大企業、中小企業ともに同様)

 

 

その他、対象となる休暇の内容や保護者の範囲など、詳細についてはリーフレットをご参照ください。

 

【参考】

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金の創設について(厚生労働省HP)

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金【詳細版】(リーフレット、厚生労働省HP)

 

補助金 お知らせ