備前商工会議所 創立70周年記念式典を挙行しました

【式辞を述べる寺尾俊郎会頭】

8月8日(月)、備前商工会館に於きまして備前商工会議所創立70周年記念式典を挙行いたしました。今回はコロナ禍ということで来賓等はお招きせず、当所役員・議員を中心とした関係者のみにご出席いただき、この時代に順応した形式でコンパクトに行いました。

寺尾俊郎会頭が「昭和27年4月、国の認可を受けて地域総合経済団体として発足以来、『企業を育て、地域を伸ばす』を基本理念に掲げ、多種多様な事業活動を推進してきた。今日の備前商工会議所の基盤を築かれたのは、先人のご努力の賜物。今後も『「ひと」「もの」「まち」づくりのサポーター、企業と共に未来へ!』をスローガンに、持続可能な活力ある企業や地域づくりに貢献していく」と式辞を述べ、決意を新たにしました。

【感謝状贈呈の様子】

その他にも、会議所運営に功績のあった役員・議員等38名と30事業所に感謝状・表彰状の贈呈、創立70周年記念委員会大西真司委員長より記念事業の発表等を行いました。

また、記念式典終了後には、京都大学大学院工学研究科 教授 藤井聡氏を講師にお招きし、「今後の日本経済の展望について~コロナ、消費税、ウクライナ~」と題した記念講演を開催しました。

お知らせ