JR伊部駅東側に論語普及看板設置

当所では旧閑谷学校の教育の礎である論語を広く普及させるとともに、備前焼の里である伊部地区を訪れる観光客に旧閑谷学校へも足を運んでもらい、世界遺産登録運動の推進を図ることを目的に「論語普及看板」をJR伊部駅東側に設置しました。
看板は両面に「子曰く、学びて時に之を習う、亦説ばしからずや」等の論語が記載されており、それぞれに旧閑谷学校の講堂と孔子のイラストが描かれています。
長﨑会頭は「備前市民にも備前市を訪れる観光客にも論語の魅力を知ってもらいたい。このような活動を継続的に行い、論語の普及を図るとともに、旧閑谷学校の世界遺産登録実現に向けての機運を高めていきたい」と話しています。

rongokanban1.JPG

【国道2号線側から見た看板】

rongokanban2.JPG

【線路側から見た看板】

お知らせ