夏ゼロ運動一斉パトロールを実施しました

和気労働基準監督署及び災害防止団体等連絡協議会では7月20日から8月31日までの期間、事故や熱中症などの労働災害が発生しやすい夏季に労働災害に遭うことなく、家族全員が健康で楽しい夏休みを過ごすことを目的に「夏ゼロ運動」を実施しています。
7月22日にはその一環として、管内の事業所や建設現場を巡回し、設備からの墜落防止措置や作業場の清掃状況、職場における熱中症対策等をチェックする一斉パトロールを実施しました。
和気労働基準監督署管内では平成26年中に労働死亡災害は発生していませんが、休業4日以上の労働災害により93名が被災し、死亡災害に至っていてもおかしくない重篤な災害が数件発生しています。
労働災害撲滅に向けて、不安全設備ゼロ・不安全行動ゼロを実践しましょう。

夏ゼロ運動の概要はこちらをご覧ください

27natsuzero1.jpg

△あいさつをする和気労働基準監督署 三宅署長

27natsuzero2.jpg

△(株)長崎鐵工所でのパトロールの様子

お知らせ