「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」(省エネ補助金)のご案内

平成29年度補正予算「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」の公募が開始されました。

この制度は省エネルギー性能の高い設備(省エネ型設備)の導入と併せて、導入する設備に係わるエネルギー使用量等を計測・蓄積する装置(見える化装置)の導入を支援する制度です。

中小企業だけでなく、大企業も申請可能で、更新設備が対象(新設・増設は対象外)です。

詳細はこちらの(一社)環境共創イニシアチブのホームページをご覧ください。

 

【公募期間】

平成30年3月20日(火)~4月20日(金)

【補助対象】※A・B双方の補助対象設備を導入

A:高効率照明、高効率空調、産業ヒートポンプ、業務用給湯器、高性能ボイラ、高効率コージェネレーション、低炭素工業炉、冷凍冷蔵設備、産業用モータ

B:見える化装置

※省エネ型設備へ更新するとともに、見える化装置の設置が必須となります。

【補助金額】

補助対象設備購入額(補助対象経費)×補助率1/3以内=補助金額

※工事費・運搬費は含まない

補助金額の上限:1事業あたり3,000万円

補助金額の下限:1事業あたり30万円

補助金