商工会議所とは 【設立からの歴史】

備前商工会議所のあゆみ

◆昭和27年3月17日

●備前町、日生町、福河村、伊里町、香登町、鶴山村の6ケ町村を地区として備前商工会議所を設立、会頭に中村才八氏が就任

◆昭和27年度

●備前商工会議所開所式を挙行(4.28)
●備前焼陶友会を結成(6.16)

◆昭和28年度

●商工会議所法施行(10.1)
●組織変更の認可申請(3.1)

◆昭和29年度

●登記完了(4.1)

◆昭和30年度

●備前町と和気郡、伊里町、香登町、鶴山村及び邑久郡鶴山村が合併して新備前町が発足(4.1)

◆昭和31年度

●創立5周年記念式典を挙行
記念講演:岡山県商工会議所連合会会長・伊原木伍朗氏

◆昭和34年度

●新築落成の産業会館に事務所を移転(8.8)
●産業会館落成祝賀会を挙行(12.18)

◆昭和35年度

●備前ライオンズクラブを結成(6.26)
●日生町が商工会設立により地区を分離のため地区変更に関する定款変更を申請
(6.30)認可(12.23)
●備前青色申告会を再編成(1.9)

◆昭和37年度

●創立10周年記念式典を挙行(11.26)
記念講演:大阪商工会議所常議員・浅田敏章氏
記念事業:備前町商店街診断を実施

◆昭和38年度

●岡山県東部商工業者大会を開催し「県東部商工団体協議会」を結成(7.5)

◆昭和39年度

●備前まつりの実施
~みなと祭と窯業祭を一本化し名称を改める(8.8)

◆昭和40年度

●備前町合併10周年記念式典の挙行(10.30)

◆昭和41年度

●備前町民会館の完成
●片上商店街振興協同組合の設立(2.3)

◆昭和42年度

●天皇皇后両陛下備前焼天覧(4.8)
●創立15周年記念式典の挙行(5.27)
記念講演:朝日新聞大阪本社顧問・山北清次氏
記念事業:備前青年会議所の設立
●備前町港湾振興協会の設立(9.5)

◆昭和44年度

●片上商店街アーケード竣工式を挙行(5.15)

◆昭和46年度

●備前町と和気郡三石町の合併により県下10番目の備前市が誕生(4.1)
●備前市商店街診断の実施(10)
●会頭・中村才八氏藍綬褒章受章(11.3)

◆昭和47年度

●創立20周年記念式典を挙行(4.1)
記念講演:日本経済新聞東京本社編集委員・久保田晃氏
記念事業:新産業会館建設計画の発表
備前商工名鑑の発行
地域開発シンポジウムの開催<共催:(社)備前青年会議所>
●備前市誕生により地区の変更のため定款変更を申請(6.19)、認可(7.21)
●備前商工会議所第1回優良従業員表彰式を挙行(11.22)

◆昭和48年度

●備前トラックターミナルの建設(5.20)
●備前市労務改善協議会の設立(7.26)

◆昭和49年度

●台風8号による集中豪雨被害会員への救済対策事業の実施(7.19)
●東備経済懇話会創立総会及び第1回例会を開催(9.29)
記念講演:政治評論家藤原弘達氏
●片上商店街駐車場の建設(10.24)
●備前地方卸売市場の建設(12.14)

◆昭和50年度

●木村睦男運輸大臣を囲む地域開発シンポジウムの開催(5.17)
●財団法人岡山県備前陶芸会館の設立(10.28)
●片上商店街第2駐車場の建設(12.6)

◆昭和51年度

●香登アパートの運営(1.19)
●台風17号による集中豪雨披害会員への復旧対策事業の実施(9.22)
●岡山県信用保証協会備前支所の開設(10.1)
●都市地域総合経済団体ビジョン作成事業の実施(2.15)

◆昭和52年度

●岡山県備前陶芸会館設立(4.3)
●和気郡貨物自動車運送事業協同組合トラックターミナルの建設(6.1)
●創立25周年記念式典を挙行(6.6)
記念事業:備前地域商業近代化地域計画の策定
備前商工名鑑の作成
新幹線備前駅設置促進期成会の結成
●備前地域商業近代化地域計画の策定(3.31)

◆昭和53年度

●片上港に入港する外国船乗務員の特例上陸が許可(4.1)
●会頭・中村才八氏勲四等瑞宝章受章(5.11)
●備前商工会議所商業活動調整協議会を設置(10.4)
●備前地区商工業特別診断の実施(11.8)
●東備地区輸送自主規制協議会の設立(2.3)

◆昭和54年度

●備前市が産地中小企業対策臨時措置法に基づく特定不況地域に指定(7.2)
●片上商店街再開発事業の推進(8.26)
●片上商店街大型店問題研究会の設置(10.2)
●備前地域商業近代化実施計画の策定(3.31)
 ●備前市地域産業振興診断の実施(3.31)

◆昭和55年度

●備前商工会館の建設に着手(10.31)
●備前珠算振興会の設立(11.29)
●備前市市民センター起工 (3.15)

◆昭和56年度

●中村会頭が退任、第2代会頭に大饗貞雄氏が就任(4.1)
●備前市制10周年記念式典を挙行(4.25)
●備前商工会館の完成(5.25)
●「明日の備前市を考える事業」80人委員会の設置(11.21)

◆昭和57年度

●創立30周年記念式典を挙行(5.28)(三石商工会創立20周年記念式典と
合同にて実施)
記念講演:東京商工会議所副会頭・瀬島龍三氏
記念事業:備前商工名鑑の作成
記念植樹の実施
「明日の備前市を考える事業」80人委員会事業の実施
●東備地域地場産業振興会の設立(8.9)
●東備電気商業協同組合の設立(10.8)
●元副会頭・星合積氏勲五等双光旭日章受章(11.3)
●副会頭・寺尾克己氏逝去(12.30)
●片上商店街駐車場が新しくオープン(2.26)

◆昭和58年度

●備前市片上駅前地区市街地再開発ビル起工式(5.20)
●第1回備前焼まつり開催(10.22・23)
●役員(常議員)、議員数変更のため定款変更を申請(12.19)、定款変更認可(1.9)

◆昭和59年度

●岡山東備ファインセラミックス研究会設立(9.20)
●片上市街地再開発ビル「アルファビゼン」オープン(10.26)

◆昭和60年度

●備前市観光診断の実施(4.23)
●「燃えろ岡山」県民運動備前地域推進大会及び山陽新聞備前シンポジウムの開催(9.14)
●会頭・大饗貞雄氏藍綬褒章受章(11.3)

◆昭和61年度

●観光モニター懇談会の設立(5.14)
●中小企業庁より備前地域(備前市、日生町、吉永町)が
特定地域中小企業対策臨時措置法に基づく「特定地域」に指定(12.2)
●労働省より備前地域(備前市、日生町、吉永町)が緊急雇用安定地域に指定(12.5)

◆昭和62年度

●備前焼伝統産業会館、東備広域観光情報センターのオープン(4.15)
●創立35周年記念行事の実施(三石商工会創立25周年記念と合同開催)
備前市活性化イベント(10.25)
NTTふれあいコンサート(10.31)
会員の夕べ<演芸会>(11.25)
●岡山県特定地域中小企業振興事業費補助金(特定メニュー)事業の実施
備前地域人材育成事業
備前地域情報化推進事業
備前市活性化イベント事業
片上商店街スペース活性化事業
●備前市地域開発検討委員会の設置(10.21)
●商業近代化フォローアップ事業の策定(3.31)
●備前輸送サービスセンターの建設(3.31)

◆平成元年度

●第3セクター「備前総合開発株式会社」の設立(6.1)
●小規模事業経営者育成異業種交流事業の実施(7.1)
●岡山セラミックスセンター起工式(10.26)
●岡山セラミックス技術振興財団が発足(3.20)

◆平成2年度

●大饗会頭が退任、第3代会頭に嘉数曻氏が就任(4.1)
●都市計画道路片上駅前線が完成(4.29)
●台風19号による集中豪雨被害会員への復旧対策事業の実施(9.18)
●岡山セラミックスセンターが開所(10.4)
●会頭嘉数曻氏逝去(11.27)
●前会頭・故嘉数曻氏正六位勲五等雙光旭日章受章(2.12)
●第4代会頭に寺崎和男氏が就任(1.21)

◆平成3年度

●備前市制20周年記念式典を挙行(4.6)
●’91六古窯サミットの開催(5.29)
 ●同和鉱業株式会社の片上鉄道が廃止(6.30) 
 ●’備前地域小売商業活性化事業の実施(3.31 )
 ●情報化モデル事業の実施(3.31) 

◆平成4年度

●元会頭大饗貞雄氏勲四等瑞宝章受章(5.14)
●創立40周年記念式典を挙行(11.25)
記念講演:㈱中国銀行副頭取(元倉敷商工会議所会頭)大原謙一郎氏
記念事業:平成4年版備前商工名鑑の発行
備前商工会議所青年部の設立
同和鉱業片上鉄道跡地の有効活用調査の実施
「大綱引in東備」の開催
備前地域活性化推進事業(むらおこし事業)を実施し、CI事業でシンボルマーク発表

◆平成5年度

●国の中小企業集積活性化法に基づく地域指定に備前地域が指定される
●備前商工業福祉事業協同組合の設立(9.24)
●兵庫県西播磨地域との交流事業の開始(10.28)
●「あったか備前」運動の展開
●広域経営改善普及事業の実施(3.29)

◆平成6年度

●東備地域産業振興ビジョンの策定(4.21)
●片上商店街で「元気商店街づくり」を推進、「情熱一市場」、「空き店舗対策」(4)
●阪神淡路大震災に際し、いち早く救援物資を届ける(1.18、1.20)
レディース支援事業(おかみさん事業)の実施(3.31)

◆平成7年度

●交流連携時代と東備地域の振興シンポジウム開催(10.19)
●街路灯設置事業を開始
 ●閑谷イベント「楷の木まつり」実施(11)

◆平成8年度

●地域産業活性化推進事業の実施
三石・吉永・日生商工会と共同にて余剰用地の利用,活用の検討に加え
振興ビジョンを盛り込んだシナリオを作成
●短時間労働者雇用管理改善等事業の実施(5)

◆平成9年度

●ふるさと情報発信事業の実施
●三石商工会と共同により地域資源等情報に関するビデオを制作地域のメディア
を通じて全国ふるさと情報館への情報・資料提供を行う
●新幹線新駅(備前駅―仮称)誘致推進事業の実施
「新幹線・新駅と共に東備広域交流ビジョン21」の作成
●東備・西播磨地域連携講演会開催(3.20)
●創立45周年着尾年行事の実施
  備前商工会館の改修工事実施
平成10年版備前商工名鑑の発行(3.31)

◆平成10年度

●情報化研究会の設立と運営
●中小企業財形共同化支援事業の運営

◆平成11年度

●新規創業短期集中事業(創業塾)開催

◆平成12年度

●備前商工会館内にパソコンセミナー室を開設
●閑谷学校創学330年記念事業への協力
閑谷大茶会(5.28)

◆平成13年度

●体験型観光農業公園「フルーツパークびぜん」の設立(5.28)
●商工会議所役員議員の全国統一のため任期を5ヶ月短縮し議員選挙を実施
第5代会頭に吉延四郎氏が就任(11.5)
●経営改善緊急対策事業実施
●楷の木街道を育てる会設立(12.17)
●片上市街地再開発ビル「アルファビゼン」が休業(2.25)

◆平成14年度

●備前商工会議所創立50周年
備前商工会議所青年部創立10周年記念式典を挙行(10.8)
記念講演:白鴎大学教授 福岡政行氏
備前商工会議所青年部創立10周年記念事業として富良野塾「屋根」の工演(3.9)

◆平成15年度

●体験農業公園「フルーツパークびぜん」オープン(7.20)
●平成15年版備前商工名鑑の発行(3.31)

◆平成16年度

●名誉会頭(第2代会頭)大饗貞雄氏逝去(8.9)
●備前商工会議所女性会設立(2.22)

◆平成17年度

●第1回「備前鰆祭」を開催(5.3~4)
●「備前市観光ボランティアガイド協会」設立(7.27)
●備前商工会議所がISO14001を認証取得(3.23)

◆平成18年度

●「楷の木倶楽部」設立(8.29)
●第1回「就職フォーラムinとうび」を開催(12.16)

◆平成19年度

●「JR赤穂線利用を促進する会」が発足(9.21)
 ●備前商工会議所創立55周年記念事業実施
  記念事業:劇団四季「ユタと不思議な仲間たち」の公演(10.28)
●「ビゼンふれあいゴルフ大会」の開催(11.11)

◆平成20年度

●地域資源∞全国展開プロジェクトの実施
●「備前スウィーツの会」が発足(7.2)
●備前市経済交流韓国訪問の実施(7.13~16)
●平成20年版備前商工名鑑の発行(3.31)

◆平成21年度

●備前市プレミアム商品券発売(5.7)
●「ちんめいだこ」の商品開発・商標登録取得(9.11)
 ●第1回片鉄ロマン街道ウォーキング大会開催(11.3)
●備前商工会議所青年部「備前コンカツパーティー2010」開催(2.7)
 ●備前商工会議所女性会の特産品開発「白寿備前」完成(3)

◆平成22年度

●吉延会頭、旭日双光章受章(4.29)
●吉延会頭が退任、新会頭に吉村武司氏が就任、副会頭 木村宏造氏退任に伴い、伊賀資耕氏が就任(11.1)
 ●備前市観光ボランティアガイド協会山陽新聞賞受賞(1.7)
 ●「備前阿波おどり」楷の木連の練習開始(2.15)
 ●東日本大震災に対して日本商工会議所岡村会頭に義捐金を贈呈(3.17)

◆平成23年度

●備前まつりで「備前阿波おどり」を披露(7.17)
●電気自動車充電設備を設置、EV車の購入(9.29)
 ●AED(自動体外式除細動器)の設置
 ●「論語かるた」絵札展を開催 天満屋地下アートスペース(11.23~28) 備前市市民センター(12.16~17)
 ●「全日本論語かるた選手権大会」を閑谷学校で実施(1.4) 

◆平成24年度

●地域振興券 楷の木券の発行(7.2)
●出張!なんでも鑑定団in備前の開催(9.2)
●劇団四季 ミュージカル「王様の耳はロバの耳」を開催(10.3)
●備前商工会議所創立60周年記念式典を挙行(10.25)

●第6代会頭 吉村武司氏の退任に伴い、長﨑信行氏が第7代会頭に就任(2.13)
●第2回全日本論語かるた選手権大会を旧閑谷学校講堂で実施(3.16)

◆平成25年度

●業界団体情報交換会を開催(10.30)

●副会頭 高田修氏の退任に伴い、寺尾俊郎氏が副会頭就任(9.9)

●議員選挙により副会頭に吉本正志氏が就任(11.1)
●市内小学校において産業振興出前授業を実施(1.30)
●女性会創立10周年記念事業として女性会より軽車両を受贈(2.13)
●産業観光モニターツアーの開催(3.27)

 
◆平成26年度

●業界団体情報交換会を開催(8.5)
●びぜんものづくり体験ツアーを開催(2.14)
●女性会創立10周年記念式典を挙行(3.20)
●五徳のごとく「仁・義・礼・智・信」のしおり作成
●ポスター「論語で人とまちづくり」を作成、市内主要箇所に掲示

◆平成27年度

●「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」として旧閑谷学校が日本遺産に認定(4.24)
●JR伊部駅に論語普及看板設置(10.15)
●教育遺産世界遺産登録推進国際シンポジウムを岡山県青少年教育センターで開催(主催:教育遺産世界遺産登録推進協議会)(2.5)
 

◆平成28年度

●小規模事業者経営改善資金(マル経融資)を通じて小規模事業者の経営力強化に寄与したことにより、日本商工会議所より表彰(9.15)
●備前商工会館2Fに耐火れんがギャラリーオープン(10.3)
●議員選挙により、第8代会頭に寺尾俊郎氏が就任。副会頭には安藤義幸氏、福圓良子氏が就任。第7代会頭の長﨑信行氏は名誉会頭に就任。
●第1回備前市産業フェスタを開催(11.27)

◆平成29年度

●備前焼が「きっと恋する六古窯-日本生まれ日本育ちの焼きもの産地-」として日本遺産認定(4.28)
●東アジア教育フォーラム2017in備前閑谷を開催予定(9.16~17)